2010年05月18日

40代バブル男子とは?

40代バブル男子」とは、日本経済未曽有の好景気に見舞われ、誰もが「日本一=世界一」と信じて疑わなかった時代に就職した男の人を指します。

当時(1980年代後半)各企業は高騰を続ける地価を利用して設けようと、多額の投資をして土地開発をしました。土地の次には住宅価格まで跳ね上がり、実体経済以外の部分での資産が、泡沫(バブル)のように水ぶくれします。

本業で細々と着実に利益(インカムゲイン)をあげるのは「ダサイ」とされ、所有する土地や金融資産を運用して大きな収益(キャピタルゲイン)を上げる「財テク」と呼ばれる活動に熱中するような人たちも多くいました。安田火災が57億円でゴッホの絵画『ひまわり』を買うような時代です。

ワンレン・ボディコン」「トレンディ」「三高」という今では恥ずかしくて発言できないような言葉が普通に使われ、食事といえば「イタ飯(イタリア料理)」、車は国産車ならシーマクラウン、外車ならベンツジャガーフェラーリと、派手に消費をするのがカッコイイ(こういうのを「トレンディ」って言うのかな?)と信じて疑わなかったバブル時代。

民間企業は好業績を糧に、更に営業規模を拡大したり、経営多角化を行おうと募集人数を拡大。学生の獲得競争が激しくなりました。
一言で言うと、「40代バブル男子」は、苦労せずに就職できたということです。しかも、中小零細企業ではなくて、名前だけなら誰もが知っているような大企業に楽々入社した「40代バブル男子」も多いわけですから、無駄にプライドが高いのも特徴です。




↑こんな映画もありましたね




posted by 羽崎優 at 16:03| Comment(1) | 40代バブル男子とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当方のブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

バブルにうまく乗れた、バブリー男は、いつまでもバブリーなのでしょうね。
世の中、そうではない40代男の方が大半なんだけど、、
Posted by ピーちゃ♪ at 2010年05月22日 04:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。